2020-03-18

【生木の木工】桜の生木丸太をチェーンソーでギュンギュン捌いて美しい木のお皿を手づくりする動画をアップしました。

こんにちは、スーパー生木ラボです。
カトラリーや木の器、お皿をつくっているスーパー生木ラボですが、たまにこんなことを聞かれます。

「このうつわ、どんな風につくってるの?全部手ですか?」

木の塊を木工旋盤という機械に設置して、特殊なノミで削ってですね、シュルシュルバリバリ削ってつくるんです!
言葉で説明すると大抵は「・・・へえ〜そうなんですね〜!」みたいな反応が帰ってきます。。。

結論からいうと圧倒的にわかりくいと思うので、この度、うつわづくりの工程を動画にまとめてみました

ザクっとiphoneで撮影してスマホで編集したので、少し長いですが、鳥のさえずりや川のせせらぎもBGMになってたりと、実際の田舎の日常も交えつつお送りしています。
のんびりほっこりできるかもです。

動画はこちら。
おもしろかったらLikeボタンとチャンネル登録していただけると制作の励みになります!

 

 

米原市内の伐採現場からいただいてきた桜の丸太です。

今は駐車場になっている場所に生えていた割と立派な桜の木でした。

ステキな模様を持った木のお皿になってくれてよかったです。

 

それではまた次の記事で会いましょう!

 

関連記事

コメント2件

  • fuji より:

    回転が止まらないと模様が、形が分からない、ちょっと楽しみでドキドキですね。
    繊細な削り、力の入れようで、感心しました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です