に投稿 コメントを残す

【ナイフを研ぐ!】週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編の番外編

ストレートナイフやフックナイフはグリーンウッドワークの必需品。

刃物なので使っていくうちに切れ味が悪くなりますが、

切れない刃物を無理に使い続けるのは上達の妨げになります。

そこで、講座の内容には当初いれていなかった研ぎ、シャープニングの回を番外編として開催しました。

当日の様子が動画にまとめられいるので、雰囲気をさくっと知りたい方はこちらをどうぞ↓

スーパー生木ラボが使用している砥石や刃物については別の記事で紹介予定なので、しばしお待ちください。

に投稿 コメントを残す

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編 第3回目(豆皿)

グリーンウッドワーク流豆皿

ながはま森林マッチングセンターさんからご依頼いただいたグリーンウッドワークの企画です。

早いもので今回で3回目、生木でつくる豆皿です。

彫る部分も少なくフックナイフの練習にいいテーマですし、ちょっとしたお菓子やおつまみを盛るのにいいサイズ感。

ひとつつくるともうひとつ、さらにもうひとつと欲しくなるのがこの豆皿です。

みんなでワイワイつくると時間が過ぎるのもあっという間!

 

ということで今回も当日の流れを振り返ってみます。

動画の簡易版がないので目次形式でご覧ください。

会場に集まって作業の流れを確認

 

 

材料調達のためクルミの立木を伐採

 

 

 

豆皿のサイズに応じて丸太の玉切り

 

 

 

丸太の芯を中心にして半分に割る

材料を斧にあてがい、木槌で叩いて割ってもいいし、マンリキ(長い柄がついたナタ)=英語ではFroe(フロウ)で割ってもいいです。

ある程度直径の大きい丸太を均一な厚みの板に割るときはマンリキの方がうまく割れるかと思います。

 

樹皮を剥ぐとわかる生木らしさ

伐採してまもない木は水分を豊富に含んでいます。

さらに今回は8月、夏真っ盛りです。

木も生きるために水分を根っこから吸い上げまくっているワケです。

なおさら樹皮も剥がれやすいんですね。

 

どことなく人間の皮膚のような生々しさがちょっぴりグロテスクです。

生きてる!という雰囲気がビンビンしてきて、無駄にはできないなと毎回思わされます。

 

斧で荒削り、フックナイフで掘り込み、ストレートナイフで整形して完成

 

写真がないので飛びますが、みなさん時間内に完成することができました。

お箸やスプーンはこだわりを追求していくうちに時間切れ、ご自宅での宿題となるパターンがありましたが、

豆皿は自由なかたちで削ってもしっくりくる、おさまりがいい形なのかもしれません。

編集後期

 

豆皿です、と説明するんですが、なぜか毎回大皿に挑戦する参加者がいます。笑

不思議と男性女性問わず、積極的な方に多いような気がします。

ただ彫る面が広くなるとフックナイフではなくノミを使った方が効率的だったりもするので、

作業は大変になるけど時間がかかって仕上がりもいまいちになる傾向があります。

食卓では手彫りの大皿、オーバル皿なんかも重宝すると思うので、

時期をみて紹介して行ければと思います。

 

それではまた別の記事でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

生木を生かした”山村クラフト”は田舎暮らしの副業になるか?

結論:数千円から数万円規模の利益を出すことはそこまで難しくない。

というのがスーパー生木ラボの考えです。

 

ということで、今回はグリーンウッドワークに興味のある人だけでなく、

田舎暮らしをしつつ地域の資源を生かした副業を探している人におすすめの本を紹介します。

 

その名も山村クラフト!

 

 

田舎暮らし、DIYでのものづくり、ハンドメイド、林業、木工、クラフトデザインなどに興味のある方には眼から鱗の情報もある有益な本です。

 

著者はろくろ師であり数多くの木工家を育てた教育者でもある時松辰夫さん。

地方の山村地域における現実的な副業としてグリーンウッドワークを提唱してきた、といっても過言ではない方です。

それゆえ制作物を商品として販売する視点からの記述も多々あり、グリーンウッドワークを少なからずビジネスとして捉えていきたい方は一読の価値があるでしょう。

 

 

とはいえ岐阜県の森林文化アカデミー教授の久津輪さんの著書グリーンウッドワーク 生木で暮らしの道具を作ると比べるとやや文章量が多く写真も少ないので、お箸やスプーン、豆皿などの具体的な作り方を知りたい方はこちらを先に読むのがおすすめです↓

 

 

 

上記の本についてのざくっとした解説動画はこちらからどうぞ↓

 

 

こちらの本の方がまずは趣味から始めたい人向けかもしれません。

とはいえ基本的なナイフワークや刃物の手入れや素材への着色、漆の扱いについても簡潔かつ的確にまとめられているので、これから生木の木工グリーンウッドワークを始める方は必携の一冊といえるでしょう。

 

 

 

に投稿 コメントを残す

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編スプーンの回

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編、スプーンの回を開きました。

 

7月でしたが今年は長引く梅雨の影響でムシムシとしていました。

 

などと書いておりますがこの記事を書いているのは2020年の10月11日。

 

3ヶ月も前のおぼろげな記憶を頼りに書き起こしています。

 

当日の様子をさくっと知りたいという方のためにダイジェスト動画を紹介しておきます↓

 

 

 

ネムノキを伐採するところから始まり参加者の皆さんと一緒にステップバイステップで制作を進める様子をご覧いただけます。

 

動画をみつつスプーン作りでポイントとなる箇所をいくつか書き残しておきたいと思います。

これからスプーンづくりを始めるよ、という方は目を通していただくと役に立つかなと思います、よろしくお願いします。

 

 

グリーンウッドワーク流!木のスプーンのつくり方

簡単にいうと3ステップです。

1、枝や丸太を斧で半分に割る。

2、斧でスプーンの形に荒削りする

3、2種類のナイフ(ストレートナイフ&フックナイフ)で仕上げていく

 

上達のコツは斧でできるだけ荒削りすることだと思います。

斧と仲良くなれると早く楽しく美しいスプーンがつくれるようになるかと思うんです。

 

フックナイフ?なにそれおいしいの?

スプーンのさじ部分、へこんだ部分ですね、

このくぼみを彫るナイフをフックナイフといいます。

初心者の方はうまく使えない、、という方が多い印象です。

が、これもコツをつかめば決して難しいことはありません。

慣れてくれば豆皿や小皿もつくれる便利な刃物です。

 

衝撃!?サジ部分はそんなに深くない…

スプーンというとサジ部分がしっかり彫られているイメージがあるかもしれませんが、

実はそんなことはないんです。

身の回りで使っているスプーンを観察してみてください。

ね、そんなに深くないでしょう。

スープスプーンでない限り、さじ面が深すぎると口からの”抜け”が悪くなります。

 

首の皮一枚にならないよう慎重に。

スプーンの持ち手=柄からさじ部分とをつなぐ箇所を首と呼びます。

木目の流れが交わる箇所なので、切れない刃物で挑戦するとささくれが取れずに削れば削るほどドツボにハマる場合があります。

そのままいくと首が細ーくなって、気がつけば時すでに遅し。という事態に。

逆目が立ちにくいナイフワークもある(と思ってやってます)ので、追々紹介できればと思います。

 

スプーン”を”食べるのではなくスプーン”で食べる

分厚いスプーンを使うとあたかもスプーンを食べているかのような気分になります。

スプーンを食べたい方以外は気にならない薄さを目指して削りましょう。

削りつつ、たまに口に入れて確かめるのもいいかと思います。

 

切れる刃物とナイフワークの習得が9割

木工を全般に言えることだと思いますが、よく切れる刃物を使うことがとても重要です。

切れない刃物は無理な力を必要とするのでコントロールも効かなくなり、重大な事故の元になります。

ナイフの研ぎは死ぬまで完璧にならないと思うので、まずは見よう見まねでどんどん挑戦していくのがいいと思います。

それからグリーンウッドワークには体系的にまとめられたナイフワークがあります。

日本の小刀を使う場合は“押す”系のナイフワークになりますが、グリーンウッドワークの場合は“引く”系のナイフワークも多数あります。

スウェーデンの伝説的な木工芸家であるヴィッレ・スンクヴィストの著書もありますが日本語訳されていないので、まずはこちらの本で勉強するのがいいと思います↓

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

滋賀・長浜でグリーンウッドワーク!週末森びと養成講座がはじまりました

グリーンウッドワークお箸づくり

こんにちはスーパー生木ラボの鈴木(@supernamakilab)です。

滋賀県長浜市の森(木本町・金居原)でグリーンウッドワークの連続講座がはじまりましたー!

第一回はお箸づくり、どんな様子だったか動画のダイジェストがあるのでご覧ください。

 

「週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編ってなに?」

という方は動画下の記事をどうぞ!

 

当日のダイジェスト動画はこちらです↓

 

 

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編とは?

 

長浜市で森林保全・利用活動をしている団体、ながはま森林マッチングセンターが主催の連続講座です。

 

【週末森びと養成講座とは】

「新しい森とのかかわり方」をテーマに、アロマやグリーンウッドワークなどを通して、心身のリフレッシュにつながる体験のほか、森林山村地域との新たな関係創出、地域課題の発見、地域特性を活かした商品化を探る少人数の養成講座です。

引用:ながはま森林マッチングセンター

 

7月から10月まで全部で5回の連続講座となっています。

内容は次の通りです↓

週末森びと養成講座の内容⑴ナイフでつくるお箸

細い丸太を斧で割り、10種類近くのナイフワークを駆使してナイフだけで普段使いできるお箸をつくります。

よくあるお箸づくり体験は材料を固定して小さなカンナで整形してつくります。

グリーンウッドワーク的お箸づくりはナイフのみでつくります。

基本的なナイフワークを覚えて練習する素材としてお箸は最適なので、ぜひこれからグリーンウッドワークを始めるという方におすすめです。

 

週末森びと養成講座の内容⑵丸太から手斧でつくるスプーン

グリーンウッドワークの代名詞?ともいえるスプーンづくり。

生木の丸太を割り、斧ではつっていきます。

どこまで斧で荒削りできるかが早くて楽なスプーンづくりの鍵です。

日本人の99%は普段の生活で手斧を使うことはないかと思いますが、

これがなかなかハマるんです。

薪割り以外の斧、木工用斧の使い方に慣れればキャンプの時間も一味ちがった楽しみ方ができますね。

 

 

週末森びと養成講座の内容⑶フックナイフで豆皿づくり

先端がくるっと丸めてあるのがフックナイフ。

スプーンなどのくぼみを彫るのに使います。

ちょっとしたおやつや小物置きにもかわいいサイズの木皿です。

慣れくれば1時間くらいで1つ作れるので、プレゼントにも喜ばれる一品です。

 

 

週末森びと養成講座の内容⑷削り馬でつくる調理へらとカッティングボード

削り馬=シェービングホースはこれまた馴染みの薄い道具かもしれません。

実は有名なアニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てくるのです。

おじいさんがソリづくりの部材を固定して削るために何回か作中に登場するんですね、なんというご縁。

カレーや炒め物に重宝するマイ木べらと、食材のカットやサービングにそのまま使える無垢のカッティングボードをつくります。

 

 

週末森びと養成講座の内容⑸グリーンウッドワークの商品制作とオンラインショップでの販売

講座の開催場所となる木本町・金居原地区はかつて銅の鉱山や林業を産業として栄えていました。

豊富な山林資源を生かした地域の商品を開発してオンラインショップを開設、販売するところまで2日間で仕上げる講座です。

初日に企画を練る予定で、ライバル調査、コンセプト&ターゲット、集客方法の決定、価格など決めて試作に取りかかります。

2日目には商品の撮影、写真、解説をネットショップに掲載して実際に集客(オンライン/オフライン)も開始します。

 

申し込み方法はこちら

※現在すべての回が満席でキャンセル待ちとなっています。

まずはながはま森林マッチングセンターにお問い合わせをお願いいたします。

もしかしたらキャンセルが出るかもしれません。

↓クリックすると申し込みのページに飛びます。

ながはま森林マッチングセンター

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

[滋賀]週末森びと養成講座 グリーンウッドワーク編がはじまります

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編

こんにちは、スーパー生木ラボです。

ながはま森林マッチングセンターからのお声がけいただき、
グリーンウッドワークの講師を努めさせていただくことになりました。

米原市のお隣にある長浜市は、合併して森林面積がなかなか広く、
というか面積自体がかなり広い市町村です。

かつて炭鉱の街として栄えた金居原の森林を舞台に、
グリーンウッドワークを切り口にしたワークショップを連続で開催します。

全部で5回。
なるべく通しでご参加いただけるような、シリーズものとしてワークショップを設計しました。
木工はまったく未経験の方でも大丈夫です!
お箸作りからはじめて、カッティングボードやスプーンなどの制作をおこないます。

私自身もそうですが、誰だって初めからうまくできません。
楽しんで続けることができれば、どなたでも自然と上達するのでご心配なく!

ビビッときた方は森林マッチングセンターさんのサイトからお申し込みをどうぞ〜。

森林マッチングセンターさんのサイト

チラシはわかりやすくポップな漫画にしてみました。

2020年6月から10月の連続講座になります。
興味のありそうな方がいたら、教えていただけると嬉しいです。

スーパー生木ラボでした〜

に投稿 コメントを残す

パン皿づくりワークショップが楽しすぎたので動画にまとめてみた

木のパン皿ワークショップ

スーパー生木ラボが好きなワークショップに、生木のパン皿づくりがあります。

2020年3月に開催したワークショップ、これがとても楽しかった。

滋賀県米原産の広葉樹丸太をチェーンソーで製材

木工旋盤で大まかに削り出し

参加者はここから
彫刻刀で彫る作業をはじめていただきました

木を削るのって、本当に感覚が研ぎ澄まされる気がします。
目の前の行為に向き合うというか、没頭できるんですよね。
圧倒的没入感です。

あとは刃物で木が削れるときのあの音。
あれも堪りませんね、ショリショリ、ぽりぽり。

自分の五感をフル動員して、ときには参加者同士での世間話にも花がさき、
丁寧に手づくりされたごはんをいただきつつ、個性あふれるお皿が完成しました。

佐々木文具店主によるフルーツサンドも登場!
豊かな時間を過ごせました。

フルーツサンドと生木のお皿

帰宅して、雰囲気を撮影した動画を1分ほどに編集してみました。
当日のようすが楽しめますので、みなさまご覧ください。

ワークショップにご興味のある方は、メルマガからお知らせします。
よろしければご登録お願いします。

——————————————————-

スーパー生木ラボ公式メルマガ





——————————————————-

こちらの記事も読まれています↓

子どもと過ごすおうち時間でグリーンウッドワークをしてみた【生木のネックレスづくり】

・ 3分でわかる!スーパー生木ラボとは?

 

 

に投稿 コメントを残す

【生木のネックレスづくり】子どもと過ごすおうち時間にグリーンウッドワーク

生木のネックレスづくり

こんにちは、スーパー生木ラボです!
滋賀で田舎暮らしをしているスーパー生木ラボですが、
新型コロナウイルス感染症の影響をちゃんと受けています。

今日は子どもたちの保育園の入園式が中止になり、
子どもと一緒に自宅待機をすることになりました。

家の中でDVDばかり見ているのも不健全だなと思ったので、
前からやってみたかった「子どもとできるグリーンウッドワーク」に挑戦してみました!

何をやったかというと広葉樹の枝を使ったネックレスづくり!です。
どんなものか気になった方はこちらからどうぞ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

コービッドさんのEIKYOにより保育園の入園式が吹き飛びました。 自宅警備もナリワイのひとつのスーパー生木ラボとして、子どもたちとグリーンウッドワークをしてみました。 自宅の枝垂れ梅を剪定した枝と佐々木文具店 @sasakibungu10 のクルミの枝を使用。 直径3〜4センチの生木の枝を15〜20センチくらいにノコギリでカットしたのちドローナイフで樹皮を剥いで、ドリルで穴を貫通させる。 あとはミルクペイントで好きな色に塗りたくり乾燥したら400番の紙やすりで仕上げ。 糸を通していい感じの長さに結べばほら簡単! 海外のインスタアカウントで見てからずっとやりたかったのやつ、できてよかったー! ブレスレットもいけるし、枝の太さとか個数、色で印象が変わるのでポテンシャルわりと高めかと! 1時間もあればサクッとできるし、皮を剥くのも100均のピーラーとか使えば子どもでも安全にできるはず! 子どもらもアクセサリーを自作できるんや!という体験が小さくても自信と驚きの積み重ねになってくれていたらいいな。少なくともすぐにぶっ壊れるどこで作られたかもわからないプラスチックのプリンセスグッズにお金を使うより1000倍いいよなーとしみじみ思いました(親だけかな?😂) #おうち時間 #グリーンウッドワーク #スーパー生木ラボ #木のネックレス

スーパー生木(なまき)ラボ(@supernamakilab)がシェアした投稿 –

 

インスタグラムではスーパー生木ラボの日々の活動や制作物をアップしています。

スーパー生木ラボのインスタグラムアカウントはこちら

 

—–

こちらの記事も読まれています

【生木の木工】桜の生木丸太をチェーンソーでギュンギュン捌いて美しい木のお皿を手づくりする動画をアップしました。

グリーンウッドワーク 、生木でつくるスプーン制作風景

 

 

に投稿 コメントを残す

田舎暮らしのものづくりにぴったり?木工旋盤で丸太をサラダボウルに加工しました

生木のサラダボウルづくり

こんにちは、スーパー生木ラボです。

今回は水に沈む?とも言われるくらい重たい樹種、「アベマキ」を使った、木のサラダボウルづくりのようすをお届けします。
直径25センチほどの丸太の状態から、チェーンソーで半分に割って木工旋盤で挽いていきます。

動画では伝わりきらないかもしれませんが、なかなかの重量級でして、遠心力で機械がブワンブワン揺れます。
あまり早く旋回させることはできないので、初めは慎重にそろそろ〜と優しく刃物を当てていきました。

ぜひお時間のあるときに息抜きがてら視聴して見てください。

動画はこちらです↓

里山エリアならではのフレッシュな生木やめずらしい樹種を使った動画も作る予定です。

ぜひチャンネル登録しておいていただけると嬉しいです!

 

 

 

に投稿 2件のコメント

【生木の木工】桜の生木丸太をチェーンソーでギュンギュン捌いて美しい木のお皿を手づくりする動画をアップしました。

丸太からつくる手づくり木皿

こんにちは、スーパー生木ラボです。
カトラリーや木の器、お皿をつくっているスーパー生木ラボですが、たまにこんなことを聞かれます。

「このうつわ、どんな風につくってるの?全部手ですか?」

木の塊を木工旋盤という機械に設置して、特殊なノミで削ってですね、シュルシュルバリバリ削ってつくるんです!
言葉で説明すると大抵は「・・・へえ〜そうなんですね〜!」みたいな反応が帰ってきます。。。

結論からいうと圧倒的にわかりくいと思うので、この度、うつわづくりの工程を動画にまとめてみました

ザクっとiphoneで撮影してスマホで編集したので、少し長いですが、鳥のさえずりや川のせせらぎもBGMになってたりと、実際の田舎の日常も交えつつお送りしています。
のんびりほっこりできるかもです。

動画はこちら。
おもしろかったらLikeボタンとチャンネル登録していただけると制作の励みになります!

 

 

米原市内の伐採現場からいただいてきた桜の丸太です。

今は駐車場になっている場所に生えていた割と立派な桜の木でした。

ステキな模様を持った木のお皿になってくれてよかったです。

 

それではまた次の記事で会いましょう!