グリーンウッドワークで使う道具はどこで買える?【生木ラボおすすめ】

carvingtools

今回はグリーンウッドワークをこれから始める、あるいはナイフや斧を充実させていきたい!という方に向けた記事です。

スーパー生木ラボの鈴木が実際に購入してきたお店を紹介しますので、安心して検討してみてくださいね。

グリーンウッドワーク研究所

https://greenwoodworklab.jimdo.com/

グリーンウッドワークに関心がある人ならすでにご存知かもしれません。

木工家・プロダクトデザイナーの加藤慎輔さんが代表です。

岐阜県立森林文化アカデミーの久津輪 雅さん、高知土佐の山林打刃物会社の西山商会とコラボレーションして木工用斧の制作販売をされています。

スーパー生木ラボも5本以上購入していますが切れ味がすばらしいです。そして軽くて女性でも扱いやすいと評判。

Craft House(クラフトハウス)

http://www.tomio-imaru.com/

イギリスのMike Abbottマイク・アボットさんに学んだ井丸富男さんが福島に開設した施設。元幼稚園を丸ごと再利用して巨大な工房になっている。

スーパー生木ラボの鈴木もナイフメイキング講座に参加したことがあり、井丸一家の暮らしぶりが丸ごとグリーンウッドワーカーで感動した記憶が鮮明にあります。グリーンウッドワークに興味がある方なら一度は訪れて欲しい場所です。

井丸さんは鍛冶仕事もこなすので刃物のオーダーも受けておられます。

お知らせはFacebookが多いので気になる方はこちらを要チェックです↓

https://www.facebook.com/firesalamand/

UPI(アンプラージュインターナショナル)

https://www.uneplage.net/?mode=grp&gid=781147

日本語サイト。ブッシュクラフトやキャンプ用品を扱う会社。

グリーンウッドワークにも力を入れていてモーラ社の正規取扱店。

鎌倉、京都に実店舗がありグリーンウッドワークで使うナイフ類を購入できます。

オフコーポレーション

https://www.off.co.jp/

日本語サイト。木工関連のDIY工具の全般を扱う会社。

ストレートナイフは品薄気味ですがフックナイフは割と在庫があります。

ドローナイフの在庫は要チェックです。

Wood Tools

イギリスのサイトです。情報が整理されていて商品写真もきれいで見やすいです。品数は多くありませんが、送料を加味しても斧がお手頃で手に入ります。

運営者はグリーンウッドワーカーのRobin Woodロビン・ウッドさん。イギリスのグリーンウッドワークを再興させた伝説的なグリーンウッドワーカー・ Mike Abbottマイク・アボットさんに学んだ方で、スプーンフェスの発起人の一人でもあります。

伝統的な足踏みろくろによるボウルターニングの研究者でもあり本も出版されています。↓外部サイトに飛びます。

Tools for Working Wood

https://toolsforworkingwood.com/store/item/MS-IFROE.XX

Ray Iles というイギリスのメーカーから出ているFroe(フロー)=マンリキを購入しました。運営元はニューヨークにあるようです。

英語サイトですが問い合わせればちゃんと返事ももらえます。

日本語サイトではなかなかお目にかかれないscorpなども注文できます。

scorp
scorp

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Follow Me!